緑色だけど甘く濃厚ジューシーな沖縄キーツマンゴー

マンゴーといえば赤くてアップルマンゴーとも言われるアーウィン種が有名ですね。
熱帯の果物らしいトロピカルな色でいかにも甘そうな感じがします。

しかし、忘れてはいけないのが緑色のキーツマンゴー!
アーウィン種に比べ大きく立派なマンゴー(1~2kgくらい)で、生産量が少なくかつては幻のマンゴーとも言われました。

緑色なので、これがマンゴー?甘いの?と一見思われがちですが、これが非常に濃厚・ジューシーでとっても甘いんです!

アーウィン種が終わる8月中旬から9月がキーツの旬
この時期に沖縄に来られる方はぜひチェックしてみてくださいね!
もちろんお土産にもオススメですよ。


スポンサーリンク


キーツマンゴーとは?

緑色だけど甘く濃厚ジューシーな沖縄キーツマンゴー

キーツマンゴーは新しい品種というわけではなく以前より栽培されていましたが、食べ頃の判断が難しい果物であまり普及せず、生産量が非常に少なかったため、幻のマンゴーとも言われました。
1玉の大きさも非常に大きいため高価な果物で、地元沖縄でも見かけることが少なかったと思います。

しかし、最近では土産店はもちろんスーパーなどでもよく見るようになり、値段も以前ほど高くなくなった気がします。
(もちろん1玉が大きいので安いものではありません)

そして、キーツの特徴はジューシーで濃厚な甘さですが、その食べ頃の判断が難しいという難点があります。
つまりタイミングを外してしまうとキーツのおいしさを味わうことができないのです。

では、どうやって食べ頃を判断するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

食べ頃の判断

緑色だけど甘く濃厚ジューシーな沖縄キーツマンゴー

収穫時はまだ熟していないため、追熟させる必要があります。
一度冷蔵庫で冷やしてしまうと追熟が止まってしまうので、冷やさず常温で風通しの良い場所で熟すのを待ちましょう。

そして食べ頃の判断は(JAの方に聞きました)

  • さわった時にやわらかい(耳たぶより少し硬いくらい)
  • 甘い香りがする

の2点です。

色が黄色のものも見かけますが、色では判断できません。
また、黒い斑点が出ることがあり熟しているサイン(アーウィン種も同じ)ですが、店頭ではそのようなものは値引きされていますので、お土産ではなく自宅ですぐに食べるならお得ですね。

食べ頃が来たら冷蔵庫で冷やしていただきましょう。

 

スポンサーリンク

どこで買う?

緑色だけど甘く濃厚ジューシーな沖縄キーツマンゴー

最近では土産店やスーパーでも普通に見かけることが多いので買いやすくなりましたが、やはりおすすめはJAなどの直売所です。

やんばるなら名護にJAおきなわのファーマーズマーケットがあります↓

やんばるで農産物買うならJAファーマーズマーケット「はい菜!やんばる市場」

在庫が豊富で、複数の生産者が出しているので、その中から選ぶこともできます。
また、相場よりもかなりお買い得なものが見つかることもありますよ。

名護は美ら海水族館への道中にありますので、観光で来られたらぜひ立ち寄ってみてください。

また、キーツを発送する際は、クール便だと追熟が止まってしまいますのでご注意ください。
もちろん追熟が必要なくもうすぐ食べ頃であればクール便の方が良いので、購入店で確認してもらってから送るのが良いと思います。

 

まとめ

緑色のキーツマンゴー。
その見た目や食べ頃の判断の難しさからあまり普及せず、幻のマンゴーとも言われていましたが、最近では以前よりずいぶん見かけるようになりました。

アーウィン種ももちろんおいしいマンゴーですが、マンゴー好きであればぜひキーツも味わってみてください。

8月中~9月に沖縄に来られる方は要チェックですよ!

おすすめ記事一覧
【目次】やんばる観光おすすめ記事


スポンサーリンク