熱帯ドリームセンター

海洋博公園にある「熱帯ドリームセンター」。
温室の中に咲く2,000株以上のランの他、様々な熱帯の植物やその花々を見ることができます。

子供連れではどうしても美ら海水族館に足が向いてしまいがちですが、夏休みは昆虫展など様々なイベントが開催され、実は子供から大人まで楽しめるオススメの施設なんです。
(ココだけの話、とても空いているのもオススメの理由ですよ~!)


スポンサーリンク


施設情報・アクセス

施設情報

住所 国頭郡本部町字石川424(海洋博公園)
開館時間 【夏期(3~9月)】8:30~19:00 (入館締切18:30)
【通常期(10~2月)】8:30~17:30 (入館締切17:00)
休館日 12月の第一水曜日とその翌日(木曜日)
※年末年始等も通常営業。台風等による臨時休館あり。
入館料 大人(高校生以上):690円
小中学生:350円
6歳未満:無料
※水族館の入館券提示で半額になります。
駐車場 P8駐車場
※位置の詳細は、海洋博公園施設案内(PDF)をご覧ください。海洋博公園の駐車場はすべて無料です。
お問合せ 0980-48-3624
公式HP 熱帯ドリームセンター http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/38

駐車場は、P8駐車場が最寄りですが、P8駐車場の向かって左奥からスロープを下るとさらに最寄りの駐車場がありますので、特に子供連れの方はこちらが近くてオススメです。
(ただし、駐車可能台数が多くないのでご注意!)

また、水族館からは園内を走る電気遊覧車(1日周遊券 200円 / 1回乗車 100円)を利用するのが便利です。

 電気遊覧車のご案内(外部サイト)

 

アクセス

 

スポンサーリンク

熱帯植物の温室

熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンターのメイン施設は、いつでも熱帯の花々が見られる温室です。
スタンプラリーがありますので、お子さんはぜひスタンプを集めてみてくださいね(景品はありません)。

また、熱帯の魚が泳ぐ水槽の展示もあります(ビクトリア温室の1階)。

熱帯ドリームセンター

 

夏休みオススメのイベント

ドキドキ ハス乗り体験

熱帯ドリームセンター

屋外のハス池(ロータスポンド)で、世界最大のオニバスの葉に乗る体験ができます。
スタッフの方が記念撮影をして、その場でプリントしたものを無料でいただけます。

体重20kg未満の子供が対象ですが、レプリカの葉であれば親子で乗ることも可能です。

日時 2017年7月22日(土)~8月27日(日)の土日祝 13:30~17:00
場所 ロータスポンド ※雨天時はビクトリア温室2F
料金 無料(入館料のみ)

 

アロワナ観察ガイド

熱帯ドリームセンター

ハス乗り体験のロータスポンドにはアロワナが泳いでおり、そのアロワナにエサをあげる体験ができます。
エサを竿の先につけて水面の上に差し出し、ジャンプしてエサを捕らえるアロワナを見ることができるのです。

熱帯ドリームセンター

どれくらいジャンプしたかわかるよう目盛りがありますね。
ダイナミックで迫力満点な瞬間が見られ、子供も楽しめます。

自然界でもアロワナはジャンプして水面上のエサを捕らえるそうです。

日時 2017年7月22日(土)~8月27日(日)の土日祝 13:30~13:50
場所 ロータスポンド、ビクトリア温室2F ※当日現地でご確認ください
料金 無料(入館料のみ)

 

沖縄の貴重な昆虫展

熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンター

絶滅危惧種などの昆虫標本が展示されているほか、生きている外国産のカブトムシやクワガタムシに触れることができます。

また、展示室内をオオゴマダラなどのチョウが飛び、運が良ければ体にとまるなど、チョウとふれ合うこともできます。

お子さん必見のイベントですね!
夏休み後も10/1まで開催です。

日時 2017年7月22日(土)~10月1日(日)8:30〜19:00(入館締切18:30)
場所 館内の一番奥にある8番展示室
料金 無料(入館料のみ)

 

押し葉で昆虫作り

熱帯ドリームセンター

熱帯植物の葉や枝を使ってテントウムシやトンボ、チョウなどの昆虫を作るイベントですが、こちらは7/30(日)までの開催でした。

8月の土日は、「飛ぶタネの模型作り」が行われています(催物展示室にて13:30~16:00)。
昨年作りましたが、子供でも簡単に飛ぶタネの模型が作れて楽しめます。

工作が好きなお子さんはぜひチャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

カフェと無料休憩所

熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンターには、トロピカルフルーツカフェ「スコール」と無料休憩所「うりずん」があります。
どちらも空調が効いた室内で、ここでゆっくりくつろぎ休憩しましょう。

トロピカルフルーツカフェ「スコール」

熱帯ドリームセンター

カフェでは、トロピカルジュースやデザートのほか、カレーライスやナシゴレン、パンケーキなどの軽食をいただくことができます。

また、オーシャンビューの席があり、伊江島方面の海を眺めることができます。

熱帯ドリームセンター

 

カフェの外に出れば伊江島方面と瀬底島方面の海を望むことができ、眺望は最高ですね。

熱帯ドリームセンター

伊江島方面

熱帯ドリームセンター

瀬底島方面

 

無料休憩所「うりずん」

熱帯ドリームセンター

カフェのすぐ隣りは無料休憩スペースになっています。
お弁当などを持ってきて、ここでいただくのもいいですね!

ガラスの外は池で、中央には水槽もあり、お子さんも楽しめる休憩所です。

 

まとめ

熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンターは、熱帯の花々の温室だけでなく、様々なイベントも開催されていて、子供から大人まで楽しめる充実した施設です。

入館料も安く、水族館の入館券があればさらに半額です!

午前中は水族館で楽しみ、午後は熱帯ドリームセンターで遊ぶ、なんていうプランもありではないでしょうか?

また、熱帯ドリームセンターと言えば、独特の螺旋の形をした「遠見台」ですね。
途中までエレベーターで上がり、残りは階段で上ることができます。

そこからの眺めはもう言うまでもないですね~!

オススメ! 子供と行く!初めての美ら海水族館【最新2017年版】
オススメ! 南太平洋の島々の文化に触れる「海洋文化館(海洋博公園)」でプラネタリウムと映画「モアナと伝説の海」の世界を楽しもう!
オススメ! 美ら海水族館近くの激安スーパーとガソリンスタンド

おすすめ記事一覧
【目次】やんばる観光おすすめ記事


スポンサーリンク