名護夏まつりの花火を観る!撮る!オススメの場所は?

今週末(2017年)の7/29(土)、30(日)は、名護漁港で「第39回名護夏まつり!~青空市とビールまつり~」が開催されます。
「ビールまつり」とあるように、名護のオリオンビール工場の生ビールも楽しめる恒例の祭りです。
2日目(30日)のライブには、今年は宮沢和史が出演されるので、例年よりも混雑しそうですね。
(会場には駐車場がないため、来場の方は近くの市役所や市民会館などの駐車場を利用しています。)

 第39回名護夏まつりプログラムについて 『青年部よりお知らせ』(外部サイト)

さて、我が家はというと、名護に越してきた年に一度行ったきり。
会場は結構な混雑で、小さな子供を連れて楽しむ感じではなかった記憶があります。

その代わり、花火だけは毎年楽しみにしているんです。
両日とも20時から10分程度のあっという間の花火ですが、名護の街を彩る夏の風物詩ですね。

打ち上げは、会場の名護漁港のすぐそばで行われるので、会場から見上げるような迫力満点の花火を楽しむことができます。
でも会場に行かずとも少し離れたところから、名護の夜景と一緒に楽しむのもオススメです。

ということで、今回は名護夏まつりの花火を観る!撮る!ためのオススメの場所を2ヶ所紹介します。


スポンサーリンク


オススメ1:県道18号の橋

名護夏まつりの花火を観る!撮る!オススメの場所は?

2012年名護夏まつり(SONY α55,2枚比較明合成)

ここは地元では定番の場所で、名護の夜景と花火を一望できる絶景スポットです。

オリオンビール工場前の道路(県道18号)を山に向かってグングン上って行ったところで、駐車場はないため、皆さんハザードランプをつけて路駐しています。

直前に行くとかなり混雑しているため、写真を撮る方は、早めに行って枝道のスペースに駐車してからしっかり撮影場所をキープしましょう。

 

スポンサーリンク

オススメ2:21世紀の森ビーチ

名護夏まつりの花火を観る!撮る!オススメの場所は?

2016年名護夏まつり(SONY α77II,2枚比較明合成)

21世紀の森ビーチの西端から漁港方面を眺めると、ちょうど夜景をバックに花火を楽しむことができます。
場所は、あけみおSKYドームと国際交流会館の間の駐車場から入り、左折してビーチに抜けたところになります。

ビーチそばに駐車場がありますが、台数が少ないため、少し早めに行って、家族やお友達と芝生で夕食のお弁当を食べたりしながら花火を待つのがオススメです。

名護夏まつりの花火を観る!撮る!オススメの場所は?

21世紀の森ビーチ(西端から漁港方面を見る)

 

スポンサーリンク

まとめ

その他、名護城公園一帯でも名護市街を一望できるところが複数あり、こちらもオススメです!

名護城公園のビジターセンターSubacoでは、両日とも夜まで開館の上、イベントも予定されています。
(詳細はSubacoのFacebookでチェック!)

オススメ! 名護城公園(名護中央公園)のビジターセンターSubaco

花火の時間は10分程度とあっという間ですが、名護の夜景に打ち上げられる花火は見ごたえ十分の感動ものです。
撮影の方はもちろん、お子さん連れの方などは早めに出かけて現地でゆっくりしながら感動の時間を待ちましょう。

おすすめ記事一覧
【目次】やんばる観光おすすめ記事

 

おまけ

花火の撮影に欠かせない三脚。
最近は、携帯用のコンパクトタイプでも通常タイプと性能が変わらないものもありますね。
旅行などに出かける際にも便利ですし、特殊用途でなければ通常タイプはもう不要かもと思っています。

私も先日購入しましたが、特にVelbonのウルトレックシリーズ(UTシリーズ)は、頑強な造りの上、付属の雲台も素晴らしく、オススメです!


スポンサーリンク