小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

国道58号と名護湾の間にある名護市21世紀の森公園
市街地そばでアクセスが良く、自然豊かな都市公園です。
野外ステージや競技場、市営球場(日本ハムファイターズの春季キャンプ地で有名)などもあります。

公園の海岸沿いには、白い砂浜が美しい人工ビーチが広がっており、その一部は海水浴場(21世紀の森ビーチ)として整備されています。

名護湾奥の人工ビーチのため、波が穏やかで水深も浅く、監視員、クラゲ防止ネット、トイレ・シャワーなど施設も充実しているので、小さな子供でも安心の海水浴場です。

もちろん透明度抜群の青い海!
小さなお子さん連れの観光客はもちろん、地元の方にもオススメの「21世紀の森ビーチ」です。


スポンサーリンク

21世紀の森ビーチとは?

小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

名護市の「21世紀の森公園」内にあるビーチで、海水浴場としてはそれほど広くありませんが、小さなお子さんが遊ぶにはちょうど良いと思います。
また、クラゲ防止ネットがあり監視員もいますので、子供も安心ですね。
※シュノーケルは使用できません

そして、もちろん遊泳無料です!

設備としては、トイレ、シャワー(3分100円)、自販機などがあります。
※シャワーは温水は出ません

遊泳期間 4月末~9月末まで
遊泳時間 5月~6月、9月:午前10時~午後6時30分
7月~8月:午前9時30分~午後6時30分
シャワー利用時間 午前9時30分~午後7時
トイレ利用時間 午前8時45分~午後9時30分
名護市役所HP http://www.city.nago.okinawa.jp/kurashi/2018071901650/

 

スポンサーリンク

アクセス

21世紀の森公園には複数の入口があります。
少しわかりにくいので、Googleの地図のほか、市役所のHPにある地図もご覧ください。

ビーチに行くには、通常は「ホテルゆがふいんおきなわ」前の市営球場側から一方通行の道を入りますが、現在、新球場建設のため工事中で入れません。

その代り、国道58号のサッカー・ラグビー場そばの出入口(信号と案内板あり)から入ります↓

小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

国道58号からの出入口(サッカー・ラグビー場そばの信号)

 

そのまま駐車場を進んで左折し、第二球場とサッカー・ラグビー場の間の道(一方通行)を海側に向かって進みます。
するとビーチそばの駐車場に出られます↓

小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

ビーチそばの駐車場

土日など、ビーチそばの駐車場が満車の際は、そのままもう少し進むと野外ステージ手前にも駐車場があります。

 

スポンサーリンク

地元にも人気!

21世紀の森ビーチは、地元にも人気で、平日は夕方から地元の子供たちで賑わうこともあります。

沖縄とは言え、遊泳は6月頃からがおすすめ(5月はまだ小さな子には寒いかも)で、本格的には梅雨が明ける6月下旬以降がシーズンですね。

ビーチには芝生のバーベキュー広場が隣接しており、こちらも土日は地元の方でにぎわっています。
※バーベキューは有料です

小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

隣接のバーベキュー広場

バーベキューでなくても、お弁当やレジャーシートなどを用意して、涼しくなる夜までゆっくりアウトドアを楽しむのもいいですね。

また、天気の良い日は、名護湾の夕日を眺めることもできます。

小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

21世紀の森公園からの夕日

 

なお、ビーチそばの駐車場から出る際、一方通行出口(児童福祉センター前)は22時で閉門してしまうのでご注意ください。

 

まとめ

小さな子供も安心の海水浴はやんばる名護の”21世紀の森ビーチ”がおすすめ!

21世紀の森ビーチは、海水浴場としてはそれほど広くありませんが、波が穏やかで浅い海なので、小さな子供には特におすすめのビーチです。
また、遊泳無料で監視員もいて、トイレ・シャワーもあります。

バーベキュー広場もあって一日楽しめるため、土日は地元の方でも賑わっています。

ガイドブック等ではあまり紹介されないので、小さなお子さん連れの観光客の方もぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ記事一覧
【目次】やんばる観光おすすめ記事


スポンサーリンク