【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

東京ディズニーランドやディズニーシーに行くと、折りたたまれたガイドマップや、その日のイベントスケジュールやグッズが紹介されたTODAYがもらえますね。
入園時やキャストの方に声をかけて、その日に見る用と持ち帰って保管用、今度行く予定の友人にあげる用と、毎回少し多めにもらうようにしています。

特にTODAYは、イベント期間等に応じた期間限定デザインなので、思い出とともに記念に保管しておきたいですよね。
長年パークに通っている方は、過去のガイドマップも大切なコレクションアイテムでしょう。
(35周年イベントが始まった2018年4月のTDLガイドマップは地図が新しくなりました。期間が4/10~5/31までとなっているのは、6月からハピエストミッキースポットが増えるためですね)

そこで、今回は、TODAYも収納できる便利な専用ガイドマップホルダーをご紹介します。
開園当時や過去のガイドマップも収納できる、便利アイテムです。

※当記事内の写真のガイドマップホルダーは2017年に購入したものです。


スポンサーリンク

セット内容と価格、販売店

【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

ホルダー本体のほか、本体を入れる透明ケースインデックスシールがついています。
収納用のクリアポケットは、20ポケットです。

価格は800円(税込)でした(2017年)。

ディズニーリゾートの商品となるため、パーク内あるいはボンヴォヤージュで購入できます。
パーク内では、
TDLならグランドエンポーリアム、TDSならエンポーリオなどですね。

 

スポンサーリンク

早速入れてみたら開園当時のガイドマップも入る!

【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

ということで、早速入れてみました。

我家にある最も古いガイドマップは、1990年のもの。
そう、私が小学生の時、初めて行った時のもので、実家に眠っていました。
1983年の開園から7年経っており、厳密には開園当時のデザインと少し異なっていますが、大きさは同じ(はず)。

当時の大きさは、現在のものより若干幅があり、高さが短いです。
このガイドマップホルダーは、当時のものも収納できる幅で、高さは現在のものに合わせた高さになっています。
つまり、昔のものも現在のものも入る大きさ、ということですね。

また当時のガイドマップは、現在のような折りたたまれたマップではなく、冊子になっていてページをめくるタイプでしたね。
地図が手書きのイラストで、時代を感じます。

【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

1990年、当時千葉県に住んでいた私は、学校が休みの千葉県民の日(6/15)に家族と初めてディズニーランドに行ったのです。
その日は雨でしたが、本当に一生忘れられない思い出の一日。
年上のいとこがキャストとして働いていて、一緒に写真を撮ってもらったことも鮮明に覚えています。

大人になったとき、自分に家族ができたら必ず子供を連れて行ってあげたい、と思ったのも、この日の思い出があったからでした。

ふと、記事を書きながら今日の日付を見たら、なんと6/15。
ちょうど28年前のことですね。

 

15周年のガイドマップを入れてみたら・・・

【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

15周年のときのガイドマップは、横幅も高さもピッタリ!

ところが、一緒にあったレストラン・インフォメーション(AUTUMN 1998)は、横は余裕で入るものの、高さが少しオーバーしてしまいました。
残念ですが、ちょうどガイドマップフォルダー本体とぴったり同じ高さだったので、クリアポケットに入れずに挟んでおけば、一応保管はできそうです。

うーん、当時はレストラン・インフォメーションなるものがあったのですね。
すっかり忘れていました。

 

スポンサーリンク

最新のガイドマップとTODAYを収納!

【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

そして、もちろん最新(2018年5月)のガイドマップとTODAYを入れてみましたよ!
ばっちりですね!

ちなみに、パスポートチケットも同じ幅なので、↑写真のように一緒に入れて保管できます。

※パスポートチケットやディズニーリゾートラインのフリーきっぷを収納するカードホルダー(80ポケット、700円)も販売されています。

 

まとめ

【ディズニー】TODAYも収納!ガイドマップホルダーが便利でオススメ!開園当時のガイドマップも入るよ

以上、パークのガイドマップやTODAYの保管に便利なガイドマップホルダーを紹介しました。

クリアポケットの横幅は、現在のガイドマップより少し余裕があるサイズですが、それは過去のガイドマップも収納できる幅にしているためですね。

ガイドマップやTODAYは、かけがえのないパークの思い出とともに大切に保管したいもの。
価格も800円とお手頃なので、パークに行かれる方はぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事一覧
【目次】ディズニーおすすめ記事

【ディズニーリゾートのツアー情報満載!JAL公式サイト】
JALで行く東京ディズニーリゾート(R)


スポンサーリンク