GW子供と行く!やんばるのおすすめ厳選イベント3選(2017年)

奥ヤンバル鯉のぼりまつり

いよいよゴールデンウィークですね~!
ということで、直前ではありますが、今回は子供と行くやんばるのGWイベントについて、厳選の3つをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


まんまる市

まずは、4/29(土)開催の「まんまる市」。

名護市の21世紀の森公園で行われるイベントで、今回で13回目となります。
地元の飲食店や雑貨店などが一堂に出店し、様々なワークショップやイベントも開催されるもので、毎回大勢の方でにぎわいます。
この種のイベントとしては、名護では一番の規模ですね。

毎回大人気のHIGEのmy椅子づくりですが、今回は都合により中止になったそうで、残念。。。

でも、子供向けのワークショップがいくつもあり、フードエリアや雑貨エリアを見て回るだけでも楽しいもの。
また、隣接するビーチでは、帆かけサバニ遊び(¥500)があり、子供とサバニに実際に乗る体験ができ、オススメです。
(※サバニとは、沖縄の伝統的な木製の小型漁船)

あとは、天気が良いといいですね~。

日時 2017年4月29日(土・祝) 10:00~17:00 (雨天中止)
会場 名護市 21世紀の森公園(野外ステージ周辺)
HP http://manmaru1.ti-da.net/

 アクセス

 

スポンサーリンク

奥ヤンバル鯉のぼりまつり

奥ヤンバル鯉のぼりまつり

続いて、国頭村奥で行われる「奥ヤンバル鯉のぼりまつり」。

奥川の河川敷にたくさんの鯉のぼりが泳ぎ、その下で子供たちは川遊びができます。

奥は、沖縄本島の北の端の方にある集落ですが、毎年中南部からもたくさんの方が訪れる人気イベントです。
おそらく一年で奥が最もにぎわう時ではないでしょうか?
普段は車通りの少ない道路も、この時ばかりはびっくりするほど混雑します。

期間 2017年5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)
会場 国頭村 奥ヤンバルの里

 アクセス

奥と言えば、沖縄最初の共同売店である「奥共同店」が有名ですね。
開業は1906年(明治39年)なので、今年でちょうど開業から111年になります。

また、沖縄本島内の国道58号の起点があるのも奥ですね(終点は那覇市)。

 

スポンサーリンク

羽地ダム鯉のぼり祭り

羽地ダム鯉のぼり祭り

名護市の羽地ダムでも鯉のぼり祭りが行われます。

こちらは、地元特産品の販売や親子手作りおもちゃ教室、ダム湖畔でのカヌー体験(大人1,000円/小人500円)、生き物探検などがあります。

羽地ダム鯉のぼり祭り

名護市街からも近いので、気軽に遊びに行くことができますね。

期間 2017年5月6日(土)~5月7日(日)
会場 羽地ダム

 アクセス

また、羽地と言えば国道58号沿いの「羽地の駅」。
地元の卵や鶏肉を味わえる食堂や新鮮野菜等の販売所があります。
鯉のぼり祭りの帰りにでもいかがですか?

オススメ! たまごマークの「羽地の駅」

 

まとめ

  • まんまる市(4/29 名護市21世紀の森公園)
  • 奥ヤンバル鯉のぼりまつり(5/3~5/5 国頭村奥ヤンバルの里)
  • 羽地ダム鯉のぼり祭り(5/6~5/7 名護市羽地ダム)

その他、忘れてはならないのが「美ら海水族館」。
水族館は、5/4・5/5の2日間、小中学生の入館料が無料になります!
また、海洋博公園ではGWイベントが行われますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

海洋博公園GWスペシャル2017(外部サイト)

 

オススメ! 子供と行く!初めての美ら海水族館【最新2017年版】

オススメ! 南太平洋の島々の文化に触れる「海洋文化館(海洋博公園)」でプラネタリウムと映画「モアナと伝説の海」の世界を楽しもう!

 


スポンサーリンク