先日、名護市の21世紀の森体育館で「赤土 de ふぇすてぃばる in 名護 2017」が開催されたばかりですが、今度はそこで「なごサイエンスフェスタ2017」が開催されます。

我が家はこれまで参加したことはありませんが、長女がもうすぐ小学生で、そろそこのようなイベントも楽しめるかなと思い、今年は行ってみたいと思います。


スポンサーリンク


なごサイエンスフェスタ2017とは?

「科学」ってむずかしいの?
ううん、そんなことないよ!
みんなで「カガクあそび」しよう!
ふしぎで楽しい体験がいっぱいだよ♪

という子ども達に科学に興味関心を持ってもらう科学イベントです。

主催は、沖縄こどもの国と日本科学技術振興財団・科学技術館。

地域の企業や大学、高校、博物館、市民団体などが一堂に会して出展します。
ブースの数は、およそ30!
入場は無料です。

大規模科学イベントで、一日ではすべてを見ることはできないですね。
また、予約制のものもたくさんありますので、事前に行きたいブースをチェックして、朝から出かけるのが良さそうです。

■なごサイエンスフェスタ2017 開催概要

日時 2017年1月28日(土) 10時~16時
(開場9:20、最終入場15:30)
場所 名護市21世紀の森体育館
入場 無料
駐車場 21世紀の森体育館、名護市役所、名護市民会館
お問合せ 沖縄こどもの国
電話:098-933-4190
HP http://www.kodomo.city.okinawa.okinawa.jp/info/index.cgi?pg=13345

■アクセス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気になるブースチェック!

さて、リンク先のイベントスケジュールから、事前に行きたいブースをチェックしておきたいと思います。

長女は、今、星と化石に興味があるので、まず行きたいのが「やんばる星み隊」の「やんばるの星空を見上げよう!!」(プラネタリウム)です。
こちらは4歳以上が対象で、予約制。
やんばる星み隊の観察会には昨年行ったことがあり、とても良かったので今回も期待しています!

また、化石と言えば化石(アンモナイト)収集家・土橋浩一さんの「化石で学ぶ命の軌跡」。
先日の赤土イベントで、アンモナイト化石のレプリカ作りをしたばかりの長女ですから、喜ぶこと間違いなしですね。

その他にも、「サメの不思議教室」や「植物の不思議~葉脈標本作り」、「みつばち教室 ミツロウでランタンを作ろう!」(予約制)などなど、気になるブースが盛りだくさんです!

まとめ

開催日の1/28(土)は、名護さくら祭りも開催されています。
両イベントとも多くの人出が予想されますので、道路も混雑しそうです。

なごサイエンスフェスタは一日限りの人気イベントですので、渋滞に巻き込まれないよう早めに出かけて、子どもと一日楽しみたいと思います。


スポンサーリンク