上野動物園ワオキツネザル

バオバブの樹に映るワオキツネザル

2016年最後の開園日の12/28に、上野動物園に行ってきました。

北風が強く大変寒い一日でしたが天気はよく、元気な動物たちの姿を撮ってきましたので、おもしろ写真をいくつかご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

両生爬虫類館

ここは室内の施設で室温も湿度も高いため、冬の寒い日はオススメの場所です。

この日もいつもよりたくさんのお客さんが来ていました。

ワニのいる水槽では、あれ~、お魚がチュー!?

上野動物園

キッシング・グラミィ

 

スポンサーリンク

アイアイのすむ森

この日はワオキツネザルが樹に登って元気に活動していました。

上野動物園ワオキツネザル

また、お馴染みのお腹を広げて日光浴する姿も。ポカポカあったかそうで、かわいいですね。

上野動物園ワオキツネザル

 

アイアイのすむ森の主役は、やはりアイアイですね。国内の動物園で見られるのは上野動物園だけとのことです。

アイアイは夜行性のため、施設内はほとんど真っ暗。もちろんフラッシュ禁止なので撮影はほとんど無理ですが、感度を最高のISO25600に上げて、照明のある少しでも明るいところに来たときに撮ってみました(カメラはSONY α77II)。

上野動物園アイアイ

上野動物園アイアイ

 

アイアイのすむ森の近くで展示されているペンギン舎では、かわいいヒナの姿が見られました。

そばにいるのはパパママでしょうか?

上野動物園ペンギンヒナ

 

スポンサーリンク

やっぱりパンダ!

上野と言えばやっぱりパンダですね~。

夕方のご飯の時間。ササを食べる姿は絵になります。また飼育員からおやつ(?)をもらうサービスタイムは、常連のカメラマンも集まって撮影していました。

上野動物園パンダ

上野動物園パンダ

 

おやつの時間は少し興奮気味に動き回っていて、ハンモックの上から降りようとしたとき、

あ、あぶない! 頭からドン!

決定的瞬間でした。

とっさにシャッターを切ったのでピントが甘くブレてしまいましたが、こんな時もあるのですね~。

本人は何事もなかったかのように元気でしたよ。

上野動物園パンダ

 

新年は1/2から開園です

上野動物園は、新年(2017年)は1/2からの開園です。1/2と1/3はお正月イベントも開催されます。

小さなお子さん連れの方へのオススメ

パンダやゾウなど大型動物が多いのは東園ですが、小さなお子さん連れの方は、冬はコンパクトな西園でゆっくりするのがおすすめです。それほど歩かずに色々な動物を見ることができ、どうしても寒いときは室内の両生爬虫類館があります。

また、西園食堂は室内のレストランですので、食事やお茶(冬はココアがオススメ)して温まることができますね。子供イスも用意されています。さらに、おむつ替えの部屋もありますよ(もちろんエアコン効いています)。

風がなく暖かな日は、不忍池テラスのカフェで休憩するのも気持ちがいいですね。

上野動物園不忍池テラス

風がなく暖かな日は不忍池テラスでの休憩もオススメ

 

寒い冬も元気な動物たちに会いに行ってみませんか?

■上野動物園公式サイト→http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/


スポンサーリンク