やんばるシリケンイモリ

ロードキルという言葉を聞いたことありますか?

ロードキルとは、そのまま訳すと「道路での死」。
つまり、道路で車に轢かれたり、ぶつかったり、あるいは道路脇の側溝に落ちるなど、道路の影響で野生生物が死んでしまうことを言います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

やんばるの森はゆっくり安全運転で!

やんばるロードキル防止マグネットステッカー イシカワガエル

やんばるの森では、ヤンバルクイナやケナガネズミの他、両生類、爬虫類など様々な小動物がロードキルにより犠牲になっています。
また海岸沿いの国道58号線でも、車にぶつかってしまったチョウを見ることがよくあります。

このような事故を少しでもなくそうと、環境省やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)では、ロードキル防止を呼びかける車用マグネットステッカーを配布しています。
過去には、黄色地にヤンバルクイナやケナガネズミのイラストのものなどが配布されていましたが、現在、配布中なのが上の画像の「オキナワイシカワガエル」バージョンです。

 

オキナワイシカワガエル

やんばるのオキナワイシカワガエル(県天然記念物)

オキナワイシカワガエル(県天然記念物)は、やんばる固有の大型のカエルで、奄美のアマミイシカワガエル含め、日本で最も美しいと言われています。

このマグネットをデザインしたのは琉球大学生(2016年現在)のF君。
やんばるでは、カエルをはじめ、ドライバーも気づかないところで小さな生き物たちがロードキルの犠牲になっています。
このマグネットには、「小さな生き物たちの存在を忘れずにやんばるでのドライブを楽しんでほしい」というF君の願いも込められているそうです。

皆さんもやんばるの森に遊びに来られた際には、いつも生き物たちがいることを忘れずに、ゆっくり安全運転で走りましょうね。

 

スポンサーリンク

マグネットの配布場所

マグネットの配布場所は、国頭村の環境省やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)で、協力金として1枚300円で配布されています(数に限りがありますのでお早めに!)。

やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館) 施設情報

住所 〒905-1413 沖縄県国頭郡国頭村比地263番地の1
電話 0980-50-1025
開館時間 午前10時~午後4時30分
休館日 毎週月曜日、祝祭日(みどりの日(5/4)及びこどもの日(5/5)をのぞく)、 慰霊の日(6/23)、年末年始(12/29~1/3)
入館料 無料
HP http://www.ufugi-yambaru.com/index.html

アクセスはこちら↓

 

実際に、マグネットを車に貼るとこんな感じです↓
(黄色のヘビ(ハブとアカマタ)のマグネットはF君の新作です。)
皆さんも1枚どうですか?

やんばるロードキル防止マグネットステッカー

 

ヘビ(ハブとアカマタ)のマグネットについての記事を書きました。
沖縄のハブとヘビを想う(前編)
沖縄のハブとヘビを想う(後編)


スポンサーリンク