国頭村は、沖縄本島最北にある市町村。
世界自然遺産登録を目指すやんばるの森が広がる、自然豊かな場所です。
また、海岸近くの「くいなエコ・スポレク公園」では、北海道日本ハムファイターズやFC東京などのキャンプや合宿が行われます。

今回はそんな国頭村で食事するならオススメの「ひまわり食堂」と「国頭港食堂」をご紹介します。


スポンサーリンク

地元沖縄料理の「ひまわり食堂」

国頭村ひまわり食堂

地元で古くから親しまれている食堂で、私もよくお世話になっています。
メニューはそれほど多くありませんが、おばあが調理する沖縄の家庭料理がいただけます。
しかもボリュームたっぷりで、どれもとてもおいしい!

国頭村ひまわり食堂

オクマリゾートに近く、観光客にも人気のお店ですね。
ガイド本やネットではよく「牛肉そば」が紹介され有名ですが、私のお気に入りは「ゴーヤチャンプルー」。

私は「ゴーヤチャンプルー」好きでいろいろなお店で食べていますが、個人的には「ひまわり食堂」が一番のお気に入りです。
冬は生産量が落ちるため他店ではメニューからなくなることが多いのですが、「ひまわり食堂」では冬でもいただくことができます。
(冬は量が少ないため売り切れになることもありますので、ご注意ください)

国頭村ひまわり食堂のゴーヤチャンプルー

リゾート気分よりも、地元の料理や雰囲気を味わいたい、という方に特にオススメのお店です。
座敷もありますので、お子さん連れでも大丈夫です。

ひまわり食堂 店舗情報

住所 沖縄県国頭郡国頭村鏡地267
営業時間 11:00~17:00頃
定休日 火曜日
電話 0980-41-2175


アクセス

国道58号線からは、ファミリーマートのある交差点をオクマリゾート方面へ曲がり、道なりに行くと左手にあります。
また、くいなエコ・スポレク公園の海岸沿いの道からは、北へ進んでT字路に出たら左折してすぐ左手です。

 

スポンサーリンク

海鮮料理「国頭港(くにがみみなと)食堂」

海鮮料理「国頭港食堂」

もともと国頭村辺士名漁港内の建物2階にあったお店ですが、2016年に浜漁港隣の国道58号沿いに移転オープン。
店内広くアクセスも抜群になり、味もボリュームも最高ですから、平日も混雑する人気店になりました。

海鮮料理「国頭港食堂」

特徴は何といっても港直送の新鮮魚介類の料理ですね。
店内中央には大きな水槽があり、この日は地元の「クチナジ」(フエフキダイの仲間で沖縄ではポピュラーな魚)が泳ぎ、料理にも出されていました。
また、海鮮かき揚げ丼は想像を超えるボリュームで有名ですが、私は食べきる自信がないのでまだ頂いたことはありません。

海鮮料理「国頭港食堂」

メニューは豊富で、1,000円前後のものが多いです。
ランチタイムに食事を注文された方にはサラダバー(食べ放題)がつきますので、たっぷり食べたい方にはリーズナブルで満足度抜群でしょう。
※サラダバーのサービスは現在行っておりません。

また、お店は浜漁港隣の海岸近くにあり、そのまま海岸の東屋で休憩することもできます。
晴れた日の夕方なら夕陽を眺めることもできますね。

海鮮料理「国頭港食堂」

観光で来られた方には、ぜひ一度は味わって頂きたい地元の海鮮料理店です。
座敷はありませんが、小さなお子さんには子供イスがあります。

 国頭港食堂 店舗情報

住所 沖縄県国頭郡国頭村村浜477−1
営業時間 【平日・土曜】11:30~14:30、17:30~22:00
【日曜・祝日】11:00~16:00
定休日 月曜日
電話 0980-50-1660
Facebook 国頭港食堂


アクセス

国道58号線沿いの浜漁港すぐ手前です。
「泳魚中」の看板が目印ですよ。

 

まとめ

国頭村のオススメ食堂として、「ひまわり食堂」と「国頭港食堂」を紹介しました。
2店とも「くいなエコ・スポレク公園」のすぐ近くにありますので、やんばるに観光やドライブに来られた方はもちろん、日ハムキャンプで来られた方にもオススメします。

ボリュームたっぷりで味も最高です!

おすすめ記事一覧
【目次】やんばる観光おすすめ記事


スポンサーリンク