α99IIで使うミノルタ大三元レンズ実写レビュー(その2:28-70mmF2.8G編)

α99II(ソニーデジタル一眼カメラ)で使うミノルタ大三元レンズとして、今回は28-70mmF2.8Gをレポートしたいと思います。

大口径標準ズームレンズで、内面反射を防止するフレアカッターがレンズ内に設けられているのが特徴です。

では、α99IIでの実写や使用感はどうでしょうか?


スポンサーリンク

ミノルタ AFズーム28-70mm F2.8G スペック

まずは、基本スペックから。
参考として、現行のソニー純正レンズとも比較します。

ミノルタ
28-70mm F2.8G
ソニー
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM II
レンズ構成 11群16枚 13群17枚
最短撮影距離 0.85m 0.34m
最大撮影倍率 0.09倍 0.25倍
フィルター径 72mm 77mm
大きさ 最大径φ83mm、全長114.5mm 最大径φ83mm、全長111mm
重さ 850g 974g
発売 1993年4月 2015年6月

スペックとしては、最短撮影距離が0.85mと長く、寄れないのが難点ですね。

また、付属のフードが何とも頼りない浅い丸型で、当時、花形フードがオプションで別売りとなっていました。

重さは、ソニーの24-70mm F2.8 ZAと比べ、124g軽くなっています。
実際に持つと結構な違いで、ミノルタ28-70mm F2.8Gの方がずいぶん軽く感じます。

 

スポンサーリンク

実写テスト

実写は、α99IIで、ISO200、絞り優先オート(Aモード)、JPEG(FINE)にて撮影したものです。
フォーカスは、AFで中央固定で合わせています。

広角端(28mm)、望遠端(70mm)で、F2.8(開放)、F5.6、F11における中央部と周辺部の画像について、Adobe Lightroomで等倍表示にしたものを掲載します。

広角端(28mm)

全体表示(28mm)

全体表示(28mm)

まずは、広角端(28mm)について、全体表示では↑のような画像です。
F2.8(開放)、F5.6、F11における中央部と周辺部(左下)をそれぞれ等倍表示にしてみます。

広角端(28mm)の中央部

F2.8(28mm 中央部)

F2.8(28mm 中央部)

F5.6(28mm 中央部)

F5.6(28mm 中央部)

F11(28mm 中央部)

F11(28mm 中央部)

広角端(28mm)における中央部の描写は、若干の甘さはありますが開放F2.8からよく解像しており、十分実用レベルではないでしょうか。

広角端(28mm)の周辺部(左下)

F2.8(28mm 周辺部)

F2.8(28mm 周辺部)

F5.6(28mm 周辺部)

F5.6(28mm 周辺部)

F11(28mm 周辺部)

F11(28mm 周辺部)

広角端(28mm)の周辺部(左下)の描写を見ると、開放F2.8では周辺減光が目立ちますね。
F5.6からはほぼ解消されています。

また、緑の色収差も少し見られます。

望遠端(70mm)

全体表示(70mm)

全体表示(70mm)

続いて、望遠端(70mm)について、全体表示では↑のような画像です。
F2.8(開放)、F5.6、F11における中央部をそれぞれ等倍表示にしてみます。

望遠端(70mm)の中央部

F2.8(70mm 中央部)

F2.8(70mm 中央部)

F5.6(70mm 中央部)

F5.6(70mm 中央部)

F11(70mm 中央部)

F11(70mm 中央部)

望遠端(70mm)における中央部の描写は、F2.8、F5.6とも解像していませんね。
どうやら手前にピントが来ているようで、調整が必要なようです。
こちらは、ピント調整して後日改めてテストしたいと思います。

F11まで絞った状態ではしっかり解像しています。

【ピント調整について】(2017/8/6追記)
もう一度テストしてみたところ、F2.8、F5.6の解像は、ピント調整の問題ではなく、これがこのレンズの描写でした。
私の個体によるものなのか(メーカー調整で改善するのか)はわかりませんが、風景撮影など無限遠で撮る場合はF8以上に絞るので、このまま使おうと思います。

 

スポンサーリンク

作例

※Adobe Lightroomで補正しています。

SONY α99II, MINOLTA 28-70mm F2.8G (F8, 1/250, ISO200)

SONY α99II, MINOLTA 28-70mm F2.8G (F8, 1/250, ISO200)

SONY α900, MINOLTA 28-70mm F2.8G(F3.2, 1/800, ISO200)

SONY α900, MINOLTA 28-70mm F2.8G
(F3.2, 1/800, ISO200)

SONY α99II, MINOLTA 28-70mm F2.8G (F3.2, 1/640, ISO100)

SONY α99II, MINOLTA 28-70mm F2.8G
 (F3.2, 1/640, ISO100)

 

使用感とまとめ

ミノルタ28-70mmF2.8Gは、1993年発売と古いレンズですが、α99IIでも申し分のない解像力で、現在も風景写真などで十分使用できます(ピントチェックと調整は必須ですね)。

作例(上の写真)の中央部拡大

作例(上の写真)の中央部拡大

ただし、AF速度はα99IIをもってしても、驚くほど遅いです!
もうこれはどうしようもないでしょう。

逆光性能は、フレアカッターの効果は実感としてありますが、フードは必須です。
付属のものでは頼りないので、自作されている方が多いですね。
私もネットで公開されている方のものを参考に自作しています。

また、色収差は多少ありますが、比較的少な目で、通常はPC上で簡単に修正できます。

オススメ! Lightroomのフリンジ軽減で色収差(パープルフリンジ)を簡単に消してみよう

このレンズの魅力は、やはりミノルタのボケ味でしょう。
ピントが遅くても寄れなくても、このレンズを手放せないのがそのボケ描写、立体感、空気感なんですよね。

AF速度、最短撮影距離、光学性能、防塵防滴などトータルで考えると、α99IIの標準ズームはやはりVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM IIとなりますが、かなり高額になりますね。
ミノルタ28-70mm F2.8Gはあまり人気がないせいか、中古でもそれほど高くありませんので、風景写真などがメインでAFの遅さなどが許容できるのであれば、α99IIの標準ズームとして検討しても良いのではないでしょうか。
あと、広角24mmが必要かどうかもポイントですね。

オススメ! α99IIで使うミノルタ大三元レンズ実写レビュー(その1:17-35mm F3.5G編)
オススメ! α99IIで使うミノルタ大三元レンズ実写レビュー(その3:80-200mm F2.8G編)

おすすめ記事一覧
【目次】カメラおすすめ記事


スポンサーリンク