【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

前回に続き、今回はW8606のビークルモードを写真で紹介します。

前回記事【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ロボットモード編)


スポンサーリンク


細部

惜しみないメッキ仕上げと美しいファイヤーパターンのライン、細部の塗装が非常に豪華ですね。

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

 

スポンサーリンク

全体

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

裏面

バトルブレードを裏面に固定することができます。
目立たないところですが、ダブルタイヤがいいですね。

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

 

比較

リーダーオプの「MB-17 オプティマスプライム リベンジバージョン」と比較。
ボンネットなどW8606の方が継ぎ目が多いのがわかりますが、MPM-4と違いきれいに固定できるので気になりませんね。
豪華なメッキ仕上げと塗装が高級感を出し、何よりロボットモード時のクオリティを考えれば許容できるでしょう。

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ビークルモード編)

 

スポンサーリンク

変形について

ロボットモードからビークルモードの変形は一応説明書(中国語と英語)にありますが、大まかな手順のみであまり役に立ちません。
実際にはもっと細かい工程が必要で、個体差もあると思いますが回転が渋いところが多く、難易度は高いです。

最初は海外の動画レビューを参考に変形させるのが良いと思います。
例えば↓

 

まとめ

このクオリティと価格、非正規とはいえ滅多に出会えない逸品でしょう。
2019年12月現在、中国でも品薄で高騰しているようです。

しばらくすれば在庫は落ち着くと思いますが、購入を考えている方はお早めに!

前回記事【写真レビュー】WEIJIANG W8606 COMMANDER THUNDER LEADER(ロボットモード編)


スポンサーリンク