台風の家の被害は?火災保険を簡単申請-無料調査で見積も写真も大丈夫!

マイホームをお持ちの方の多くは、もしものために火災保険に加入していると思います。
火災はもちろんですが、プランのほとんどは実は風災や落雷、雪災による被害も保険の適用内になっていることをご存知ですか?

でも、「保険適用って大きな被害があった時だけでしょ?」と思われがちですが、被害の大小は関係なく、原因が保険対象のものと判断されれば保険金が支払われます。
また、自動車保険のような等級制ではないので、火災保険を使っても保険料が上がることはなく、何度でも使えるんですね。

では、実際に火災保険の申請しようとしても、「経験ないし、なんか難しそうだし、面倒だな」とためらっていませんか?

実は私も今回初めて申請したのですが、そのきっかけが「お家の保険相談センター」
無料実地調査を依頼すると、被害状況の確認から面倒な見積もりや写真、書類の作成など申請を無料でサポートしてくれるんです。
しかもHPのフォームから簡単に申し込みでき、後は担当者から返信があって都合の良い日時に訪問してもらうだけ。

また、一見被害がなさそうでもプロの方が調査して些細な被害でも見つけてくれるので、初期の段階で修理でき安心ですね。

ということで、今回は、私の体験談とともに「お家の保険相談センター」と火災保険の簡単申請についてご紹介します。


スポンサーリンク

火災保険申請の相談なら「お家の保険相談センター」-沖縄も対象地域!

台風の家の被害は?火災保険を簡単申請-無料調査で見積も写真も大丈夫!

私の住む家は築3年とまだ新しいのですが、2018年の台風直撃で門扉の一部が破損してしまいました。
台風が多い地域だし、まだ大きな被害ではなかったので放置していたのですが、無料調査と火災保険の申請サポートをしてくれる「お家の保険相談センター」の存在を知り、早速申し込んでみました。

HPのフォームからは連絡先や住所(市町村)などを記入するだけ。
私の家は沖縄で、実は本当に担当者が来てくれるか半信半疑だったのですが、すぐに返信があり、無料調査に来てもらえることになりました。
沖縄も無料調査の対象地域なんですね!

もちろん一見して被害がなさそうでも無料調査の依頼はOK
(調査で本当に被害がなくても調査費用が請求されることはありません)

我家では、調査の結果、被害は門扉のみでしたが、後日担当の方から被害状況の写真と調査報告書、修理の見積書が届き、そのまま添付して保険会社に申請。
そして、無事にほぼ見積通りの金額が保険会社から支払われました。

火災保険の申請には、申請書の記入以外に被害個所の写真と修理見積書が必要で、個人で申請するにはそこが面倒なのですが、「お家の保険相談センター」では無料調査と同時にこれらの書類まで作成してくれるわけですね。

 

スポンサーリンク

火災保険申請の流れ

台風の家の被害は?火災保険を簡単申請-無料調査で見積も写真も大丈夫!

1.「お家の保険相談センター」への申し込み

まずは「お家の保険相談センター」のフォームから申し込みます。
すると担当者から返信があり、調査の訪問日を調整しましょう。

2.無料実地調査

担当者が実際に被害の状況を調査しますので、被害個所や気になっているところがあれば見てもらいます。
他にも被害がないか、くまなく調査してくれます。
また、契約の保険証券を準備しておくとその場で補償内容や免責なども確認してもらえますね。

【火災保険の免責】
火災保険は、プランによっては免責額が20万円となっているものが多いそうです(その分保険料が割安)。
その場合、20万円に満たない被害に対して保険金は支払われませんのでご注意ください。

被害個所は、当日担当者が写真の撮影や計測などを行い、後日見積書と一緒に写真と調査報告書がこちらに郵送されます。
こちらは保険会社に電話し、まずは申請書類を取り寄せます。

保険金の受取りについて

無事に保険金が下りた場合、①全額を修理代として提携工事会社に修理を依頼②一部(約4割)を「お家の保険相談センター」に報酬として支払い、残り(約6割)でご自身で修理(自由に使う)、のいずれかを選択する必要があります。
いずれの場合も「お家の保険相談センター」にも利益がありますので、なぜ無料で調査や申請サポートが受けられるか、こういう仕組みだったのですね。

調査で担当者が来られているときにどちらを選択するか決めて利用規約に押印します。

3.保険会社への書類の申請

保険会社から届いた申請書類には、被害状況や見積額の記入などが必要です。
しかし、「お家の保険相談センター」担当者が調査報告書や見積書を作成してくれているので、「別紙参照」などと記入すればOKです。

書類が揃ったら保険会社に郵送しましょう。

4.保険会社による被災認定

申請後、保険会社の鑑定人による現地調査が行われることがあります。
このような時にも「お家の保険相談センター」担当者が立会いますので心強いですね!

無事に認定されれば保険会社から指定口座に保険金が振り込まれます。
我家の場合、ほぼ見積額通りの金額が認定されました。
また、もし申請が却下された場合でも費用の負担が発生することはありません。

5.保険金受取り後の手続き

保険金で修理を依頼する場合は、保険金を提携工事会社の口座に振り込みます。
ご自身で修理する(自由に使う)場合は、報酬の約4割を確定してもらい、「お家の保険相談センター」の指定口座に振り込み終了です。

 

まとめ

火災保険は火事だけが対象ではないこと、被害があれば何度でも使えること、って意外と知らずに本来もらうべき保険金を貰えていないことが多いと思います。
また、見積の作成など個人では申請が面倒で、大きな被害がなければそのまま放置していたり…。

でも「お家の保険相談センター」なら調査から申請まで無料で、素人では気づけない被害も調査してくれますので家の安全点検にもなりますね。

台風等でマイホームの被害が気になっている方はもちろん、被害がなさそうでも安全点検という意味で一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?
せっかくの火災保険、放置したままではもったいないですよ!

関連記事 台風後の屋根に上ってみた-大惨事になる前に点検すべきこととは?


スポンサーリンク