トヨタ3列シートミニバンのおすすめ【ヴォクシーハイブリッドV】オプション編

前回の記事で、ヴォクシーハイブリッドV(H28年式)の購入について書きました。

オススメ!
トヨタ3列シートミニバンのおすすめ【ヴォクシーハイブリッドV】購入編

今回は、車購入時の大事なオプションの選択について。
新車はもちろん中古車でも追加でお願いできるオプションがあります。

私が購入したのは中古ですが、もともとついていたもの含めオススメのオプションやアクセサリーを紹介します。
各詳細は、公式サイトでもご確認ください。

トヨタ ヴォクシー | アクセサリー・カスタマイズカー | トヨタ自動車WEBサイト(外部サイト)


スポンサーリンク

ボディカラー

今回購入の車のボディカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレークで、オプション(税込32,400円)となります。
大変お気に入りで、このカラーに惚れ込んだといっても過言ではないかもしれません。

夜など暗いところでは、ほとんど黒ですが、光の状況によって、青、緑、濃紺と違って見えるのが特徴です。
おそらく新車で買っていてもこのカラーを選んだと思います。

ブラッキッシュアゲハガラスフレークの「アゲハ」って何?
個人的に気になるのが名称の由来。
ブラッキッシュは「黒っぽい」、ガラスフレークはそのまま、ではアゲハは何?
勝手な想像ですが、黒地に青や緑に輝く羽をもつチョウの「カラスアゲハ」に由来しているのでは?と思っています。

 

サイドバイザー

ヴォクシー サイドバイザー

サイドバイザーは、デザイン上ないほうがいいと思いますが、少し窓を開けて換気したいときや、駐車中に少し窓を開けておきたいときは便利ですね。

トヨタ純正は、車種専用設計で高速走行時の風切り音に配慮した設計とされています。

価格は、税込23,760円です。

 

ドアエッジプロテクター(樹脂製)

ヴォクシー ドアエッジプロテクター(樹脂製)

フロントドアの縁を保護するプロテクターです。
駐車場で軽くドアを開けたつもりが強風で勢いよく開いてドアの縁をぶつけてしまった!なんて経験ありませんか?

メッキ調と樹脂製があり、樹脂製は左右2本で税込2,700円です。
安価なので、もしものために付けておくと安心ですね。

 

スポンサーリンク

リヤバンパーステップガード

ヴォクシー リヤバンパーステップガード

リヤバンパー上部に付けるガードで、荷物の積み下ろし時のバンパーの傷つきを防止します。
中央に車名ロゴが入るドレスアップ品でもありますね。

価格は税込10,800円。

 

ボディコーティング

ヴォクシー ボディコーティング

今回購入の車には、ボディに「GUARD COSME」、ガラスに「SKATO360」のコーティングが施されていました。
いずれも中央自動車工業株式会社のコーティングで、「GUARD COSME」はボディに光沢を出し、汚れが付きにくく付いても落としやすくするものです。
「SKATO360」は優れた撥水効果があり、やはり汚れが付きにくく付いても落としやすくなります。

グラスコーティングガードコスメ(外部サイト)

SKATO360公式サイト(外部サイト)

 

フロアマット

ヴォクシー フロアマット

フロアマットは、子供がいることから砂や泥で汚れることを考え、カーペットタイプではなくラバータイプにしました。
トヨタ純正は高いので、クラッツィオを選択。

クラッツィオのマットは、フロント用(ET-1580)とリア用オプションマット(ET-1580-01)の組み合わせで1台分になります。

リア用は、荷室のラゲージマットまでついていて、ぴったりでオススメです(Amazon商品画像は実際と形状が異なります)。
ただ、セカンドシート両側の乗り降りするステップのマット(細長い形状)は、ずれやすいのが難点ですね。

ヴォクシー クラッツィオ リヤ用オプションマット

ラゲージマット

 

カーナビ

ヴォクシー カーナビ

一番悩んだのがカーナビです。
これまで使っていたトヨタ純正ナビが気に入っていたのでまたトヨタ純正にしたかったのですが、予算オーバーで断念。
今回は、営業マンのすすめでECLIPSE(イクリプス)の「録ナビ Dシリーズ」でドラレコ機能内蔵のAVN-D7Wにしました。
(2017年11月より2018年モデルのAVN-D8Wが発売)

特長|AVN シリーズ|カーナビ|デンソーテンのカーナビ ECLIPSE(外部サイト)

ECLIPSEはトヨタ純正ナビをつくっているメーカーなので、案内の音声もトヨタ純正と同じです。

そして、このドラレコ内蔵AVN-D7Wの特徴は、前方はもちろん、バックカメラがあれば後方も同時に記録してくれるというもの。

自動車事故の4割は追突事故と言われています。
また、最近では危険な「あおり運転」が原因の悲惨な事故のニュースも度々聞かれるようになりました。
今やドライブレコーダーは必須のアイテムですが、前方だけでなく後方もしっかり記録するものが必要ですね。

前方カメラはナビに付属していますが、後方は別途バックカメラを取り付ける必要があります。
また、駐車中の当て逃げなどを記録する駐車監視モード(パーキングモード)はありません。

AVN-D7Wの画面サイズは7型ワイド。
大画面の10型サイズが希望であれば他機種となりますが、前方後方のドラレコ機能がついて価格的にもオススメのナビです。

<2018年モデルAVN-D8W>

 

スポンサーリンク

バックカメラ

ヴォクシー バックカメラ

バックカメラはナビのモニターで後方確認をするもので、必需品ですね。

ナビがECLIPSEなので、バックカメラもECLIPSEと思いきや、トヨタ純正のバックカメラを取り付けました。
営業マン曰く、「トヨタ純正の方が専用設計なのでオススメ。ECLIPSEはトヨタのナビをつくっているメーカーなので大丈夫」とのこと。

そして、もちろんドラレコ機能として後方記録も問題ありません。

 

プラズマクラスター搭載LEDルームランプ

ヴォクシー プラズマクラスター搭載LEDルームランプ

車内が広い分、車内灯も明るいLED照明がオススメ。
プラズマクラスター搭載のLEDルームランプなら、車内での食事など気になるにおいを軽減してくれますね。

価格は税込18,792円です。

トヨタ アクセサリー | 快適・便利 | プラズマクラスター搭載LEDルームランプ | トヨタ自動車WEBサイト(外部サイト)

 

ETC

ヴォクシー ETC

忘れやすいのがETC。

私は納車直前に忘れているのに気が付き、すぐに連絡して他社の中古品を無料でつけてもらいました。
他社製なのでピッタリ収まっていませんが、使用上の問題はなく、無料だったので感謝です。

 

まとめ

以上、いかがでしたか?

特にカーナビは、トヨタ純正以外にも各社いろいろな機種が出ていて悩ましいところですね。
モニターサイズは7型ワイドと小さくなりますが、安心機能の前方後方ドラレコが付いたECLIPSE(イクリプス)の「録ナビ Dシリーズ」AVN-D8Wは検討の価値ありと思います。

また、シートカバーは自分でネットで探し、納車後取り付けましたので、別記事で紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク