トヨタ3列ミニバンのおすすめ【ヴォクシーハイブリッドV】購入編

我家の家族構成は、長女(7歳)、次女(4歳)、長男(1歳)と妻、自分の5人です。
車はこれまでトヨタラクティスに乗ってきましたが、5人乗りとは言えそろそろ限界。
ラクティスはコンパクトでも荷物が積めて気に入っていましたが、5人で出かけるときは私が運転、妻は後部座席でチャイルドシートに挟まれて中央では長時間のドライブは辛いですね。
ラクティスは10年10万キロ走り、当初は来年夏の車検前に買い替えようと考えていましたが、妻の腰痛もあって限界と考え、この秋に買い替えの検討を始めることにしました。

買い替えの条件は、3列シートのミニバンで、子供がいるのでスライドドア。
メーカーのこだわりはありませんが、ラクティスが気に入っていたので、信頼と慣れもあってまたトヨタにしようと車種選びを始めました。


スポンサーリンク


トヨタ3列シートのミニバン選び

トヨタの3列シートスライドドアで、初めに検討したのは「アイシス」。
他に人気の「シエンタ」もありますが、さすがに3列目は狭く緊急用ですね。

ということで、実際にディーラーに行って「アイシス」を試乗したところ、「うーん、まあ普通にいいけど」。
3列目は常時使用するには狭く、また室内の高さがラクティスよりも低く狭く感じます。
ハンドルを握って運転した感じも新鮮味や特に惹かれるものがなく、ラクティスから「買い換えたい!」と思える魅力がありませんでした。
もちろん、普段3列目は使用せず広い荷室とし、たまに3列目を使用する使い方ならまた魅力的な車になると思いますが、今回の私の希望は家族5人が乗る3列シート車なのでマッチしませんでした。

となりますと、営業マンからすすめられたのは「ヴォクシー」(ノアも同じです)。
「アイシス」は他車よりも値引き率が高く(特に中古車)、予算的にも「アイシス」だったわけですが、「ヴォクシー」となると明らかに予算オーバーです。

でも、営業マンのすすめで「ヴォクシーならちょうどおすすめの中古車(H28年式、走行距離3,000km未満、ハイブリッドV)がありますが、試乗してみます?」と、うまく誘導されたな?と思いつつ試乗してみることに。

そして、車を見た瞬間、『ん・・・、一目惚れ?』(心の声)。
ハンドルを握ると「乗る人が車を選ぶんじゃない、車が人を選ぶ」と、映画「トランスフォーマー」でサムとバンブルビーが出会うときのセリフが聞こえたかどうかはわかりませんが、『これ、やばいな』。
ヴォクシーなら3列シート使用でも室内空間は十分ですし、『でも予算オーバーで無理でしょ!』と自分を抑えようとしますが、営業マンの「押さえておきますか?」の一言に「お願いします!」。

わずか数日後、印鑑を持って再び来店することになりました。

トヨタ ヴォクシー | トヨタ自動車WEBサイト(外部サイト)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヴォクシー購入時のポイントは?

トヨタ3列ミニバンのおすすめ【ヴォクシーハイブリッドV】購入編

私の場合、このようにほとんど一目惚れで中古ヴォクシーの購入を決めてしまいましたが(おいおい!)、購入時のポイントがいくつかありますのでまとめてみたいと思います。

中古車か新車か?

まずは、中古か新車か。

私の場合、低走行距離の年式の新しい中古なら買い!だと考えています。
新車でも交渉次第でオプション含め20~30万の値引きが期待できますので(逆に中古は大きな値引きは難しい)、実際は低走行距離の中古と大きな金額の差はなくなるかもしれません。

しかし、ヴォクシーは、当初私が考えていた予算よりオーバーで、少しでも安く購入したいというのがありました。
このような方は、もし年式が新しく状態の良い中古に出会えたなら、検討の価値は十分あると思います。

また、中古のハイブリッドなら絶対にディーラーの「トヨタU-Car」での購入をオススメします。
ハイブリッドシステムが登録年月より10年(または累計走行距離20万km)保証されるんです。
10年保証って、それだけトヨタは自信があるんですね。
設計時から耐用年数をそれくらい設定しているのでしょう。

問題は、人気車なので、このような車に出会えるか、ですね。
トヨタの中古車検索サイトで、例えばヴォクシーで走行距離5,000km以内のハイブリッド車を検索すると、下記のリンク先にようになります。
お近くの店舗があればチャンスですよ!

トヨタ ヴォクシーの中古車|トヨタ自動車が運営する中古車情報 GAZOO(外部サイト)

 

ハイブリッド車かガソリン車か?

ヴォクシーにはハイブリッド車がラインナップにあります。
現行のモデルで、例えばグレードのVで価格と燃費を比較するとメーカーHPでは以下のようになっています(2017年12月現在)。

ハイブリッドV
(7人乗り2WD)
ガソリンV
(7人乗り2WD)
価格 3,142,800円~ 2,786,400円~
燃費 23.8km/L 16.0km/L

価格で356,400円~、燃費で7.8km/Lの差です。
仮にガソリン150円/Lで単純に計算すると、約116,000km走行するとハイブリッドで元が取れることになります(計算違っていたらごめんなさい)。

この差をどう見るかですが、休日に少し乗るくらいならガソリン車、通勤など日常的に使うならハイブリッド車でしょうか。
また、ハイブリッド車は単に燃費だけでなく、走行時の音が静かで軽いという快適性もメリットとしてあります。
その他、ハイブリッド車は7人乗り2WDのみですが、ガソリン車は8人乗りや4WDの選択肢があります。

我家は、毎日子供の送り迎えや買い物などに使うため、ハイブリッドで良かったと思います。

ハイブリッド車の電磁波問題?
ハイブリッド車の電磁波による人体への影響をネットで見たり聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
そのせいか、取説にも「高電圧部位や高電圧配線は、電磁シールド構造になっています。従来の車や家電製品と比べで、電磁波が多いということはありません。」という記述があります。

 

グレードは?

ヴォクシーのグレードは、ZS、V、Xの3種類です。
ここで悩むのが、人気のZSかVですね。

違いは、ZSはフロント、サイド、リヤの外装(エアロパーツ)やホイールなどがVと異なる(VやXよりかっこいい)、Vは標準装備が充実、といった点でしょうか。

ハイブリッドVは、標準装備としてリヤエアコンがオート、ドアやサイドガラスがスーパーUVカット(ZSはUVカット)、エアコンがナノイーなどとなっており、機能重視ならV、外装重視ならZSという感じですね。

グレード別主な標準装備表PDF(外部サイト)

 

2017年7月のモデルチェンジ前か後か?

2017年7月にヴォクシー(ノアも)はモデルチェンジがありました。
と言っても今回はマイナーチェンジで、エンジンや安全性能(Toyota Safety Sense C)に変更ありません(フルモデルチェンジは2020年頃と言われています)。

主な変更点は、ZSのフロントデザイン、充電用USB端子やコンセントの装備、パワースライドドアの予約ロック機能、バックドアイージークローザーなど。
USB端子やコンセントはシガーソケットがあれば何とでもできますが、パワースライドドアの予約ロック機能とバックドアイージークローザーは便利な機能ですね。

パワースライドドアの予約ロック機能とは、パワースライドドアのクローズ中(閉まりきる前)であっても、スマートキー車ならフロントドアハンドルのセンサーに触れて施錠の予約ができるというもの。
つまりスライドアが閉まるのを待たずに施錠が可能ということで、急いでいるときは特に便利!
ただし、旧型車でもスマートキー、ワイヤレスキーの施錠ボタンで予約は可能です(キーがポケットの場合、出すのが面倒ですね)。

また、バックドアイージークローザーは、バックドアが半ドア状態でも確実に閉めてくれる機能
このクラスの車ではバックドアも大きいので、閉めたつもりでも半ドアだった、ということがあります。
慣れれば確実に閉められますが、それでもたまに半ドアになることがあり、大変便利な機能だと思います。

トヨタ ヴォクシー | 旧型ヴォクシーとの比較 | トヨタ自動車WEBサイト(外部サイト)

 

ローンはトヨタかそれとも?

最後に支払い方法です。
多くの方はローンをご検討されるかと思います。

ディーラーでは、トヨタの自動車ローンを提示されると思いますが、金利は販売店によって異なり、他より高い傾向と言えます。
高い買い物ですので、わずかな金利差でも総支払額に大きな差が出ますから、トヨタ以外で少しでも低い金利の金融機関を探すのが賢明です(もちろん審査がありますが)。

沖縄であれば、JAおきなわのマイカーローンがあり、JAカード・組合員加入が必要ですが、金利2.15%(1.30%+保証料0.85%)です(2017年4月)。
また、沖縄銀行では、ハイブリッドカーでかつ住宅ローンを持つ場合、金利1.90%(2017年3月)で、琉球銀行でも同条件で2.0%となっています。

ただし、JAは固定金利、沖縄銀行と琉球銀行は変動金利です。

 

まとめ

ヴォクシーの購入ポイントから検討してみると、我家の場合、ハイブリッドVがベスト!と言えますね。
年式は、2017年新型のパワースライドドア予約ロック機能とバックドアイージークローザーは大変魅力的ですが、必須ではない、と自分に言い聞かせ・・・。

今回出会えた中古車は、年式H28の旧型ではありますが、走行距離3,000km未満の新古車でハイブリッドV、ボディカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク、ほとんど一目惚れです。

予算オーバーではありましたが、今思うと運よく出会えて購入でき、本当に良かったと思っています。

ちょうど私が来店する何日か前に他店から入ってきた車と聞き、「乗る人が車を選ぶんじゃない、車が人を選ぶ」ということですね。

さて、車購入時のもう一つ大事なポイントがオプションです。
それはまた次回に↓

オススメ!
トヨタ3列シートミニバンのおすすめ【ヴォクシーハイブリッドV】オプション編

 


スポンサーリンク