2016年11月25日。

ソニーの最新デジタル一眼レフカメラα99IIの発売日であり、この日を多くのAマウントユーザーが待ち焦がれていたに違いない。
私もその一人である、って高過ぎてすぐには買えませんが(;´・ω・)


スポンサーリンク

SONY ilca-99m2

α99IIというのは、ソニーの持つカメラ技術をあれやこれやと詰め込んだモンスタースペックのカメラでございます(α77IIをベースにα7RIIとのいいとこ取りみたいな)。
コニカミノルタからソニーがカメラ事業を継いだのが2006年。
今年はちょうど10年目の年で、このカメラはソニー一眼レフの一つの集大成ではないでしょうか。

ミノルタ(銀塩フィルムね)からAマウントを愛用してきた私にとっては、感慨深いものがあります。
このカメラの発表を知ったとき、そう2004年秋のコニカミノルタα-7Digitalのとき以来の歓喜とでも言いましょうか、ついにAマウントカメラもここまで来たか、ソニーもAマウントを見捨てずによく出してくれた、と様々な感情が込み上げてきたわけです。

私は今、3児のパパです。
ずーと趣味で昆虫などの生き物の写真を撮ってきましたが、子どもが生まれてからは生き物写真からは離れていました。
でも今回のカメラは、もう何としても手に入れて思いっきり好きな写真が撮りたい、そう思わせるものなんですね~。
そうは言っても子どもとの時間も大切にして、その瞬間も撮り続けたい、うーん、それならこの機会にカメラと子供の写真ブログ作っちゃおう、となった次第です。

私は東京出身ですが、今は家族で沖縄本島北部の名護市というところに住んでいます。
「やんばる(山原)」と呼ばれる亜熱帯の森があり、青いサンゴ礁の海があり、子どもと楽しめる場所もたくさんあります。
このブログでは、やんばるにお子さんと一緒に遊びに来られる方、あるいは現在住んでいる方にちょっと役立つ情報と、たまに趣味のカメラの撮影話などをお届けできればと思っています。

やんばるの森は、繁殖期に入ったオキナワイシカワガエルの鳴き声が聞こえる季節となりました。
冬のやんばるも魅力的なものが・・・、

っておい、いきなりαやらAやらのカメラとか何とかガエルとか、マニアックな話ばかりしてんなよ!
と言われそうなので、本日はこのへんで。
ちょっとマニアックで深ーい世界の話も少しずつ紹介していきたいと思いますので、よろしければお付き合いくださいませ。

大宜味村津波の海

大宜味村津波の海(2016.11)

冬でも天気が良くて波の静かな日は、美しい青い海を眺めることができますよ。


スポンサーリンク